数学教育専攻便り2020

・新入生21名を迎えて新年度が始まりました(4月1日)


                        4月6日, 朝の桜

新型コロナウイルスへの感染を防ぐために、
キャンパスに学生の姿はほとんどありませんが
桜は今年も咲いています。


                    これは4月4日の朝の桜

・オンラインで新入生と教員が対面しました(4月22日)

・正門そばにお花畑があります。


                       5月27日


                         7月15日


                         7月20日

・構内には今年も様々なお花が咲いています。

            8月11日


・今年度は小中学校での「対面式」での教育実習は
中止になりましたが、3、4年生は9月24、25、29日に
「特練模擬授業会」を403教室で行いました。
学生たちと数学教育講座の教員が「児童・生徒役」で、
実習生は入念に準備してきた授業を披露しました。
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、
皆マスク姿です。


個々の授業の後の15分間、皆で意見を出し合い反省会も行いました。
皆がしっかりと準備をしてきて、意義があったと思います。

・半年遅れになりましたが、数学教育専攻新入生同士、
および教員との対面式が10月5日「教育実地研究基礎」の
講義開始前に行われました。

      担任の先生の話に耳を傾ける新入生


 直には初めて対面した新入生たちは指定された席に座り、
 授業後にも机と椅子を除菌します。



           数学教育専攻便り2019のページへ

                      トップページへ